廻るプロペラ

複葉機模型制作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キットを中心に制作中。 

 

Subaru 360 : その4 ボディ色の塗装


Category: Car 自動車 > Subaru 360 スバル360   Tags: ---
IMG_7078-1_result.jpg
ダッシュボードはボディ色で塗り、速度計は、インクジェットプリンタで印刷した自作デカールを貼り付けた。
ワイパーは0.5mm角プラ材を切り貼りしたもの。方向指示灯は透明プラ材から削り出した。

IMG_7077-1_result.jpg
ボディ色は淡い灰色を作ってから青味を足して調色し、吹付塗装した。
正面側のエンブレム類もパソコン上で作図したデカールを貼る。輪郭の内側に、爪楊枝の先で銀色を載せている。

IMG_7076-1_result.jpg
後側の車名エンブレムは、判読できるように大きめに作図して貼りつけたが、やや大きすぎたようだ。
デカールの貼り付け完了後、クリアーを3層吹き付けて乾燥待ちに入った。

調色(Mr.カラー)ボディ色:ホワイト90%+インディブルー5%+ブラック5%
屋根色:ホワイト70%+インディブルー20%+ブラック10%

Subaru 360 : その3 内装とタイヤの塗装


Category: Car 自動車 > Subaru 360 スバル360   Tags: ---
IMG_7064-1_result.jpg
キットオリジナルの中期型ベンチシートから、丸い初期型4座席に加工し、脚をプラ棒で自作。
初期型の側面窓は引違い式である。窓枠を塗り分けることで再現する予定。

IMG_7072-1_result.jpg
ドア内張りはキットパーツを基に、ドアポケットを彫り、膨らみ部分はプラ板で自作した。
計器パネルは初期型を模して、下半分を除去した。ハンドルも2本スポークから初期型3本スポークに加工。

IMG_7065-1_result.jpg
実車ホイールキャップはツヤが抑えられた金属色なので、基本色のシルバーを吹き付け塗装。
ホイール本体はボディ色だったと推定し、塗り分けた。

IMG_7073-1_result.jpg
足元に目隠し板を設置して、プラ板でペダルを切り出して貼り付けた。
シャーシとボディの組付けは前部に取り付け爪を自作し、はめ込み式に改修している。

Subaru 360 : その2 シャーシの組み立て


Category: Car 自動車 > Subaru 360 スバル360   Tags: ---
IMG_7062-1_result.jpg
車高を調節するため、車軸の位置を下げる。プラ板を小さく切り出して軸箱を自作した。
タイヤとホイールの取り付けは、ずれないように車輪奥にプラ板を丸く切ってはめ込んだ。

IMG_7061-1_result.jpg
ボディ形状はほぼ仕上がった。細部を見直し、床板のはめ込み具合なども調整していく。
内装パーツにパテを盛って削り出す作業中。

Subaru 360 : その1 制作開始


Category: Car 自動車 > Subaru 360 スバル360   Tags: ---
マイクロエース製スバル360中期型のキットから、1958年の初期型を再現しようと考えている。
IMG_7053-1_result.jpg
Microace 1/32 Plastic Kit : SUBARU 360
制作着手:2024年3月6日
キットのボディ形状を活かし、年式で異なる箇所を重点に改造していく。座席は前後とも中央で分割した。

IMG_7054-1.jpg
左がキットオリジナルの中期型、右が加工途中の初期型のヘッドライト周り。
孔をプラ材とパテで埋めてから再度穴を開け、自作したヘッドライトリムを取り付けた。

IMG_7058-1_result.jpg
正面窓前の換気フラップは埋めたが、生産型では初期もフラップが付くので埋めなくてもよかったようだ。
フロントフード中央の、富士重工の六連星マークは、パソコンで作図して自作デカールを貼る予定。

IMG_7056-1_result.jpg
リアフードの排気口を埋め、0.5mmプラ角材を等間隔に貼って斜めに削り、断面が三角になるように仕上げた。
給油口の蓋も一旦埋めた。初期型の特徴である、給油キャップ突起は自作する。

IMG_7052-1_result.jpg
Cピラーの給気口を削り、頂点をプラパテで埋めて、角の丸い初期形に加工している。
後部フェンダーの泥除けは、面積の小さい初期形に彫り直した。

Honda N360 : その6 完成


Category: Car 自動車 > Honda N360 ホンダN360   Tags: 1/32  マイクロエース  日本車  カーモデル  
IMG_0614-1_result1.jpg
二気筒エンジンの前輪駆動車。昭和42年(1967年)に発売された。居住空間と荷室が分かれている2ドアセダン。
変速機はダッシュボード直前にあり、操作腕が室内に直接飛び出している。

IMG_0622-1_result1.jpg
マイクロエース製キットを制作。1/32スケール、全長9.3cm、全幅4.1cm。2024年2月10日完成。

IMG_0621-1_result1.jpg
※工作について
・部品はすべてキットパーツを使用。省略されている三角窓のガラスは、塩ビ板を切り出して追加工作した。
・外見を実車に近づけるためフロントグリル、ボディ下部の上下幅を切り詰め、全高を3ミリ下げている。

IMG_0624-1_result1.jpg
・キットオリジナルではボディ前後の下端がシャーシ側にあるので、切り離してボディと一体化させた。
・フェンダーミラーの角を削って細くし、ワイパーはプラ板の細切りで自作した。

IMG_0584-1_result1.jpg
※塗装について
・Mr.カラーを調色してボディ色を塗り、ガイアカラーのクリアー塗料でクリアーコート後、研ぎ出した。
・コンパウンドを掛け、ワックスで磨いて光沢を出したあと、クロムメッキ部分をマスク塗装している。

IMG_0581-1_result1.jpg
・窓のゴム枠、フロントグリル内部はエナメル系塗料で塗り、乾いてからはみ出しを拭き取って仕上げている。
・透明パーツは筆塗り塗装後、クラフトボンドで接着した。ヘッドライト内側には半球形の反射部分を取り付けた。

IMG_0611-2_result1.jpg
元はゼンマイ動力付きだった小さなキットではあるが、本格的なスケールモデルだ。
ホイールキャップはN360初期の型を再現してあり、灯火類は極小のウインカーまで透明部品である。

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

03

05


 
プロフィール

まわるぷろぺら

Author:まわるぷろぺら
プラモデルとレジンキットの制作記を公開中。

tempunauts053@yahoo.co.jp

 
 
カテゴリ
39 (4)
AEG (6)
 
flagcounter.com
 
月別アーカイブ
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login