廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

Nieuport 28 : その6 制作完成


Category: Airplane 航空機 > Nieuport 28   Tags: フランス機  1/72  複葉機  Revell  
IMG_4260.jpg
実機は、1918年に初飛行したフランスの機体。回転式空冷エンジンを積んだ単座機。
操作腕が露出しているのは方向舵のみで、大部分の索が機内に埋め込まれた構造になっている。

IMG_4248.jpg
ドイツレベル製プラスチックキットを制作。全長9cm、翼幅11.2cm。
2018年2月18日、制作完成。

IMG_4252.jpg
※工作について
・主要なパーツはキットパーツを使用。支柱は破損したのでプラ材で自作したものに置き換え。
・カウリングの形状は紙ヤスリで削って丸く修正。

IMG_4256.jpg
※塗装について
・主な塗装はMrカラーを使用。カウリングの塗り分けは、マスキングテープの細切りで大まかに位置を決めて筆塗り。
・胴体側面のマークのみ、デカールを使用。国籍マークはマスク塗装。

IMG_4247.jpg
IMG_4258.jpg
プロペラがエンジンごと回転する構造がパーツ化されていて精密なキットでした。

Nieuport 27 : その5 制作完成


Category: Airplane 航空機 > Nieuport 27   Tags: 1/72  複葉機  バキュームフォーム  JoyStickModels  フランス機  
IMG_4195.jpg
大戦初期のニューポール11型から後期の27型までの一連の機体は、単葉と複葉の中間的に「一葉半」と呼ばれる。
回転式空冷エンジンを積んだフランス機。1917年頃の27型がこの制作機のモデル。イタリアで使用された塗装。

IMG_4189.jpg
Joy Stick Models製バキュームフォームキットを制作。縮尺1/72スケール、全長8.3cm、翼幅11.6cm。
2017年11月4日、制作完成。

IMG_4202.jpg
※工作について
 ・翼の裏面は、動翼を彫り、骨組みは伸ばしランナーを貼る追加工作を行った。
 ・張り線は0.4号ハリス。風防はPET樹脂を切り出したもの。プロペラボスは事務用虫ピン。

IMG_4193.jpg
※塗装について
 ・機体の塗り分けはキットデカールを型紙としてマスクパターンを作り、Mrカラーで機体色を塗装。
 ・側面の書き文字はデカール。
 ・オイル汚れの表現としてタミヤカラーエナメルを薄く溶いて、面相筆で描き入れた。

IMG_4173.jpg
IMG_4197.jpg
ラウンデルの色配置はキットデカールに準じて塗りました。無事完成となりました。

Joystick Models 1/72 - Phonix D3 : その5 制作完成


Category: Airplane 航空機 > Phonix   Tags: 1/72  複葉機  バキュームフォーム  JoyStickModels  
IMG_3860.jpg
実機は、オーストリア=ハンガリーで1918年に初飛行した、牽引式水冷エンジンの単座機。
胴体、主翼とも木骨に帆布張り構造。大戦後の1919年頃、スウェーデンで使用された機体がこのキットのモデル。

IMG_3869.jpg
ジョイスティックモデルズ製バキュームフォームキットより制作。全長10cm、翼幅13.8cm。
2017年8月10日、制作完成。

IMG_3864.jpg
※工作について
・主なパーツはキットのバキュームパーツを切り出して使用。張り線は0.4号ナイロン樹脂ハリスを使用した。
・翼下面の骨組み浮き出し表現と、胴体の四隅は伸ばしランナーをエッジに接着して削りだし、角を立てている。
・水平尾翼の支柱、尾ソリは真鍮針金で自作。プロペラの軸は事務用虫ピンで自作。

IMG_3877.jpg
※塗装について
・主な塗装なMrカラーを使用した。細部のオイル汚れの表現にタミヤカラーエナメルを使用。
・細部のマーキングはキットデカールを使用。国籍マークと機番は塗装。

IMG_3863.jpg
IMG_3868.jpg
無事完成となりました。

Joystick Models 1/72 Vacform Kit - AEG C4 : その6 完成 


Category: Airplane 航空機 > AEG   Tags: 1/72  複葉機  バキュームフォーム  JoyStickModels  
IMG_3823.jpg
実機は、ドイツで1916年に初飛行した、牽引式エンジンの複座機。発動機は水冷6気筒メルセデス。
主翼は木骨に帆布張り、胴体は鋼管溶接に帆布張り構造。三対の胴体支柱はドイツ機には珍しい形。

IMG_3803.jpg
ジョイスティックモデルズ製バキュームフォームキットより制作。縮尺1/72スケール、全長10cm、翼幅18cm。
2017年6月22日、制作完成。

IMG_3820.jpg
※工作について
・主要なパーツはキットパーツを削り出して使用。支柱はキット付属プラ材を切り出し自作。
・放熱器はプラ板から、配管類は真鍮針金で自作。プロペラは回転するように、事務用虫ピンの頭で留めている。
・張り線はナイロン素材の0.4号ハリスを使用。

IMG_3813.jpg
※塗装について
・胴体塗色と国籍マークは、Mr.カラーを調色して筆塗り。
・細部塗装、動翼の境目やエンジン周囲のオイル汚れの表現は、タミヤカラーエナメルを使用して細筆で描き入れ。

IMG_3807.jpg
IMG_3817.jpg
迷彩塗装の色味は塗り重ねて調整しました。無事に完成となりました。

AZ model 1/72 Plastic Kit - Morane Saulnier G : その5 制作完成


Category: Airplane 航空機 > Morane Saulnier   Tags: 1/72  フランス機  
戦前のモラーヌ・ソルニエG型単葉は、古典機ファンにとって淡緑の塗色で印象深い。
1913年に初飛行したフランス機。胴体、翼とも木骨に帆布張り。主翼は索でねじって操舵する、たわみ翼構造。

IMG_3672.jpg
AZモデル製プラスチックキットより制作。縮尺1/72スケール、全長9cm、翼幅13.5cm。
2017年3月31日、制作完成。

IMG_3654.jpg
※工作について
・主要パーツはキットパーツを使用。車輪はくり抜き、Part社製エッチングパーツのスポークホイールに置き換え。
・張り線はナイロン繊維のハリス(0.4号サイズ)を使用。
・プロペラボスには事務用虫ピンの頭を使用している。

IMG_3676.jpg
※塗装について
・胴体色は、GSIクレオス製Mrカラーで調色したもので塗装。縁取りの塗り分けは筆塗り。
・エンジン周りのオイル汚れの表現には、タミヤカラーエナメルを使用。

IMG_3659.jpg
IMG_3662.jpg
IMG_3658.jpg
今回も、無事完成となりました。

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

01

03


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
flagcounter.com
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login