廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

Albatros D.3 : その6 完成


Category: Airplane 航空機 > Albatros D.III   Tags: 1/72  複葉機  Revell  
IMG_4947.jpg
1916年に製造された、牽引式水冷エンジンの単発機。胴体は木製の張り殻胴体。翼は木骨に帆布張り。
翼支柱後方のワイヤーは補助翼操作腕に直結している。操舵によって操作腕がせり出す構造になっている。

IMG_4908.jpg
Revell製キットを制作。1/72スケール、全長10.1cm、翼幅12.5cm。2019年8月24日、完成。

IMG_4932.jpg
※工作について
・主なパーツはキットパーツを使用した。プロペラの軸は事務用虫ピンに置き換えて、塗装後にはめ込んでいる。
・張り線には釣り糸(へらハリス0.4号)を使用し、上翼に埋め込んだ糸を下翼に通して接着している。

IMG_4942.jpg
※塗装について
・主な塗装はMr.カラーを使用。細部の塗装、動翼の継ぎ目などはタミヤカラーエナメルで輪郭線を書き入れた。
・国籍マークは、デカールを基にしてマスクパターンを作り、マスク塗装に置き換えた。

IMG_4934.jpg
IMG_4940.jpg
古くからあるキットの中では、あまり再販されない幻の製品だった。
マーキングは実機写真を参考にしながら細筆で手描きして仕上げた。

Nieuport 28 : その6 制作完成


Category: Airplane 航空機 > Nieuport 28   Tags: フランス機  1/72  複葉機  Revell  
IMG_4260.jpg
実機は、1918年に初飛行したフランスの機体。回転式空冷エンジンを積んだ単座機。
操作腕が露出しているのは方向舵のみで、大部分の索が機内に埋め込まれている。

IMG_4248.jpg
ドイツレベル製プラスチックキットを制作。縮尺1/72スケール。全長9cm、翼幅11.2cm。
2018年2月18日、制作完成。

IMG_4252.jpg
※工作について
・主要なパーツはキットパーツを使用。支柱は破損したのでプラ材で自作したものに置き換え。
・カウリングと、プロペラ中心部の形状は紙ヤスリで削って丸く修正。

IMG_4256.jpg
※塗装について
・主な塗装はMrカラーを使用。カウリングの塗り分けは、マスキングテープの切り貼りで位置を決めて筆塗り。
・胴体側面のマークのみ、デカールを使用。国籍マークはマスク塗装。

IMG_4247.jpg
IMG_4258.jpg
プロペラがエンジンごと回転する構造がパーツ化されていて精密なキットでした。

Revell 1/72 Plastic Kit - Fokker D7 : その4 制作完成


Category: Airplane 航空機 > Fokker D.VII   Tags: 複葉機  1/72  Revell  
実機は、1917年に初飛行したドイツの単座機。
主翼は木桁の箱組に帆布張りの厚翼構造。胴体は鋼管溶接の骨組に帆布張り。
現存する静態保存機の姿でもよく知られ、古今東西の古典機ファンに馴染みの深い機体。

IMG_3432.jpg
ドイツレベル製プラスチックキットより制作。縮尺1/72スケール、全長100mm、翼幅123mm。
2016年10月29日、制作完成。

IMG_3446.jpg
※工作について
 ・主要パーツはキット部品を使用。プロペラボスは虫ピン。
 ・翼支柱はオリジナル部品欠損のため、1ミリ径のプラ丸棒で自作。
 ・張り線は0.4号ナイロン樹脂ハリス。

IMG_3452.jpg
※塗装について
 ・主な塗装はMrカラーを使用。ローゼンジは自作ステンシルで吹付け塗装。機体側面のマーキングはマスク塗装。
 ・細部塗装はタミヤカラーエナメルで、外板と動翼の継ぎ目などに面相筆でオイル汚れの表現。

IMG_3435.jpg
IMG_3444.jpg
自分の手持ちキットの中ではだいぶ古いもので、作りかけで長くしまってありました。
失くしたパーツをプラ材で自作し、デカールが残っていないので塗装に置き換え、完成となりました。

Revell 1/72 Plastic Kit - SPAD XIII : その5 製作完成


Category: Airplane 航空機 > SPAD XIII   Tags: 複葉機  1/72  フランス機  Revell  
機体にまつわるパイロットの伝記が数多く残る、フランスの名機。1917年に製造された。
戦前のドゥペルデュサン単葉から発展した単座機。イスパノ・スイザ製の発動機を積んでいる。

IMG_3121.jpg
ドイツレベル製プラスチックキットより製作。縮尺1/72スケール、全長92mm、翼幅118mm。
2016年3月30日、製作完成。

IMG_3129.jpg
※製作について
・座席、照準器は板オモリで自作。風防はPET樹脂を切り出して自作。
・主輪の左右幅が少し短いので真鍮線を軸にして幅広に修正。
・機銃の銃口付近は真鍮線を埋め込んでいる。
・胴体左側面の足掛け金具と、補助翼操作腕は、洋白線をラジオペンチで曲げて自作。
・張り線は0.4号ハリス。ターンバックルの表現はエポキシ接着剤を一箇所ずつ置いて、黒く塗装したもの。

IMG_3109.jpg
※塗装について
・胴体色は、GSIクレオス製Mrカラーを使用し筆塗り。国籍マークはマスク塗装。
・細部の色調整や、エンジンオイルの煤けた色合いはタミヤエナメルを細筆で描き入れました。

IMG_3131.jpg
・垂直尾翼3色部分と胴体側面のマークは、キット付属デカール使用。
 古いキットのデカールにつき、リキッドデカールフィルムを塗ってヒビ割れ防止をして貼り付け。
 うまく貼れなかった部分は、Mrカラーで近似色を塗り重ねてレタッチしています。

IMG_3125.jpg
IMG_3084.jpg
初版から数十年経過した古典キットです。無事作り終えました。

Revell 1/72 De Havilland D.H.2 その3:製作完成


Category: Airplane 航空機 > De Havilland D.H.2.   Tags: 1/72  複葉機  Revell  イギリス機  
IMG_2677.jpg
実機は、1915年に開発された、推進式エンジンの単座機。初期の英国機の中で特に個別の戦時エピソードが多い。
複座のD.H.1から始まり、設計順に通し番号がつくデ・ハビランド機の始祖といえる機体のひとつ。
動態保存レプリカ機が現存していて、古典機ファンには現代でも馴染み深い機体。

IMG_2669.jpg
ドイツレベル製プラスチックキットより製作。縮尺1/72スケール、全長11.6cm、翼幅11cm。
2015年9月3日、製作完成。

IMG_2676.jpg
※工作について
・主要パーツはキット部品で組み上げ。主輪のみ、他キット製作時の余剰部品のホワイトメタル製パーツを使用。
・張り線はナイロンテグス0.5号サイズ。
・主翼から尾翼にかけての支柱は、基部の取り付けが実機と異なるため位置を変更。翼下から翼上に取り付け直し。

IMG_2673.jpg
※塗装について
・胴体色は、基本色を数種類作って、細筆で塗り重ねて色調を調整しました。
・国籍識別標識はマスク塗装、尾翼側面の機体番号は手書き。

IMG_2667.jpg
IMG_2681.jpg
IMG_2674.jpg
久しぶりの純プラスチックモデルの製作でした。

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

08

10


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
flagcounter.com
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login