廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

Caudron Simoun : その4 制作完成


Category: Airplane 航空機 > Caudron   Tags: フランス機  1/72  Heller  
IMG_4532.jpg
1934年に初飛行した低翼単葉、全木製の輸送機。骨組に金属も使用されている。可変ピッチプロペラを装備している。
記録飛行に用いられる場面が多かった機種である。各々の飛行家にまつわるエピソードも多く残っている。

IMG_4545.jpg
エレール製キットを制作。1/72スケール、全長12.5cm、翼幅14.4cm。2018年11月27日、制作完成。

IMG_4518.jpg
※工作について
・キットパーツを使用して組み立てた。ピトー管は根本に真鍮線を仕込んで補強した。
・左右分割の正面風防は、流し込み接着剤で取付け後、プラパテを盛り付けて隙間を埋めて仕上げた。

IMG_4527.jpg
※塗装について
・主な塗装はMr.カラーを使用。塗り分けはキットデカールを基にしてマスキングし、吹付け塗装。
・尾翼の書き文字はキットデカールを使用。
・外版の継ぎ目、動翼の境目等はタミヤカラーエナメルで描き入れた。

IMG_4541.jpg
IMG_4549.jpg
とても精密なキット。プロペラ形状が正確なことに驚かされる。

Caudron Simoun : その3 機体色の塗装


Category: Airplane 航空機 > Caudron   Tags: ---
IMG_4467.jpg
胴体色の黄色地を全面に吹き付け塗装した。赤色部分は、キットデカールを基にマスクパターンを切り出している。

IMG_4469.jpg
翼上面は、マスクパターンを敷き詰めるように貼り、赤色で塗装する部分を区切り、エアブラシで細く吹いて塗装。

IMG_4471.jpg
胴体色を塗り終えた。塗装のはみだし等、色の境界を筆塗りで調整する。

Caudron Simoun : その2 下地仕上げ作業中


Category: Airplane 航空機 > Caudron   Tags: ---
IMG_4460.jpg
風防を胴体に接着。合わせ目にプラパテを盛り付けた。セロハンテープの切り貼りで窓枠をマスキングした。

IMG_4463.jpg
サーフェイサーを吹き、紙やすりをかける作業を繰り返して接合面の段差を目立たなくしていく。
機室の屋根に、外板の表現として凸モールドがある。ヤスリがけで消えた部分は伸ばしランナーを貼って再製。

IMG_4464.jpg
細かな書き文字はデカールを使い、ストライプはマスク塗装に置き換える予定。
機体色の塗装に入る。下地として機体全体をホワイトの塗膜で覆った。

Caudron Simoun : その1 制作開始


Category: Airplane 航空機 > Caudron   Tags: ---
IMG_4456.jpg
1930年代のフランス製輸送機を製作開始。機体名はコードロン・シムーン。
自分の手持ちキットの中では古いもので、長く仕舞い込んであった。

Heller 1/72 Plastic Kit : Caudron C.635 Simoun
制作着手:2018年11月6日

IMG_4457.jpg
主翼の上下を接着。主脚のスパッツもこの時点で左右を貼り合わせている。
組立図を見ながら機内を塗装した。床板に座席を先に組み付けてから塗る。
透明パーツは接着が難しい。まず、左右に分割された正面窓を貼り合わせた所まで。

Ansaldo SVA9 : その4 制作完成


Category: Airplane 航空機 > Ansaldo S.V.A.   Tags: 1/72  複葉機  コロジーモデル  イタリア機  
IMG_4432.jpg
S.V.A.シリーズは、1917年にイタリアで設計された、液冷エンジンの単発機。胴体は合板張り、主翼は帆布張り。
日本の古典機ファンにも長く親しまれる機体。ズバ9型は1920年にローマから東京までの大飛行をした記録がある。

IMG_4440.jpg
Choroszy Modelbaud製レジンキットを制作。1/72スケール、全長11.5cm、翼幅12cm。
2018年10月21日、制作完成。

IMG_4442.jpg
※工作について
・主要なパーツはキットパーツを使用。プロペラ軸は事務用虫ピンを加工し自作。
・張り線は0.4号へらハリス(釣り糸)を使用し、各支柱の根本に結びつけて張った。
・燃料槽の配管は銅線で自作したもの。風防は透明樹脂板で自作。

IMG_4449.jpg
※塗装について
・主にMr.カラーで塗装。国籍マークは、キット付属デカールを基にしてマスクパターンを作り、吹付け塗装。
・Mr.カラーとタミヤカラーエナメルを併用し、木目模様の塗装で胴体外板とプロペラ部分を塗った。
・エンジン周囲と、動翼の継ぎ目はタミヤカラーエナメルで墨入れ。

IMG_4452.jpg
IMG_4443.jpg
1/72サイズで作っても、この機の翼間支柱は位置決めしやすく頑丈な構造で組みやすい。

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11

01


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
flagcounter.com
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login