廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

Ansaldo SVA9 : その4 制作完成


Category: Airplane 航空機 > Ansaldo S.V.A.   Tags: 1/72  複葉機  コロジーモデル  イタリア機  
IMG_4432.jpg
S.V.A.シリーズは、1917年にイタリアで設計された、液冷エンジンの単発機。胴体は合板張り、主翼は帆布張り。
日本の古典機ファンにも長く親しまれる機体。ズバ9型は1920年にローマから東京までの大飛行をした記録がある。

IMG_4440.jpg
Choroszy Modelbaud製レジンキットを制作。1/72スケール、全長11.5cm、翼幅12cm。
2018年10月21日、制作完成。

IMG_4442.jpg
※工作について
・主要なパーツはキットパーツを使用。プロペラ軸は事務用虫ピンを加工し自作。
・張り線は0.4号へらハリス(釣り糸)を使用し、各支柱の根本に結びつけて張った。
・燃料槽の配管は銅線で自作したもの。風防は透明樹脂板で自作。

IMG_4449.jpg
※塗装について
・主にMrカラーで塗装。国籍マークは、キット付属デカールを基にしてマスクパターンを作り、吹付け塗装。
・Mr.カラーとタミヤカラーエナメルを併用し、木目模様の塗装で胴体外板とプロペラ部分を塗った。
・エンジン周囲と、動翼の継ぎ目はタミヤカラーエナメルで墨入れ。

IMG_4452.jpg
IMG_4443.jpg
1/72サイズで作っても、この機の翼間支柱は組みやすい。位置決めしやすく頑丈な構造なのがよく判る制作だった。

Ansaldo SVA9 : その3 張り線作業完了


Category: Airplane 航空機 > Ansaldo S.V.A.   Tags: 張り線  
IMG_4412.jpg
上翼に釣り糸を埋め込むつもりだったが接着がうまくいかなかった。レジンの主翼が折れてきたので再接着した。
翼支柱を取り付け後に一本ずつ糸を結んで張ることにした。主脚、タイヤ等を筆塗りで塗り分け。

IMG_4418.jpg
三舵の操作索を貼る。尾翼の左右に渡るワイヤー部分も釣り糸(へらハリス)を翼に巻きつけるようにして張る。
方向舵の書き文字はデカールを使わず水性ペンで描き、クリアーを吹いて定着させた。

IMG_4419.jpg
風防は組立図に実寸図があり、それを基に透明樹脂板で作る。プロペラは木目塗装し、クリアー塗料を筆塗り。
デカールは機体側面の文字のみ使用。経年でヒビが入っているのでリキッドデカールフィルムを塗って補強して貼る。

Ansaldo SVA9 : その2 木目塗装など


Category: Airplane 航空機 > Ansaldo S.V.A.   Tags: ---
IMG_4405.jpg
帆布張りの色で翼を塗装し、国籍マークを塗装。同心円に切ったマスキングテープを敷き詰めて一色ごとに塗る。
胴体は白木を模して肌色で塗り、エナメルの茶系統の色で重ね塗りし、デザインナイフで引っかいて木目風にした。

IMG_4409.jpg
クリアーオレンジとクリアーイエローから調色し、ニス塗りの色合いでクリアー層を上掛けする。
主脚と尾ソリを先に接着しておくと、胴体が浮くので塗装作業がしやすくなる。

Ansaldo SVA9 : その1 制作開始


Category: Airplane 航空機 > Ansaldo S.V.A.   Tags: ---
IMG_4398.jpg
細身な木製胴体のイタリア機を製作開始。コロジーモデルのS.V.A.9のキット。
デカール、レジンパーツ、組立図と、風防を自作するための透明樹脂板が入っている。

Choroszy Modelbud 1/72 Ansaldo S.V.A.9
制作着手:2018年9月30日

IMG_4399.jpg
説明書は一枚のパーツ実体図に、組み立て順にパーツに番号が振ってある。総パーツ数は60ぐらい。
部品袋からレジンパーツを探しだして図面にあわせていく。機内の組み立て塗装を済ませた。

IMG_4402_201810011717352bb.jpg
胴体を張り合わせ、下翼と尾翼をそれぞれ接着した。主脚と尾ソリもこの時点で接着しておいた。

Breguet 14 : その6 完成


Category: Airplane 航空機 > Breguet 14   Tags: 1/72  複葉機  Pegasus  フランス機  
IMG_4369.jpg
フランスで1916年に設計された水冷エンジンの単発機。戦間期の輸送機としての形態が古典機ファンに馴染み深い。
1920年代初頭にラテコエール航空で使用された郵便機が、この制作のモデル。

IMG_4371.jpg
Pegasus製のブレゲー14のキットに、Renaissance-models製の郵便機パーツセットを組み合わせて制作。
縮尺1/72スケール、全長12.3cm、翼幅19.5cm。2018年9月17日、制作完成。

IMG_4385.jpg
※工作について
・郵便機型とするため元キットの下翼フラップをパテ埋めし、翼幅も変更。
・支柱はペガサス製キット付属のプラ材から切り出したもの。張り線は0.4号へらハリス。

IMG_4382.jpg
※塗装について
・主な塗装はMrカラーを調色し、吹付け塗装。
・機体記号はマスク塗装。細部の書き文字はデカールを使用。
・実機での可動部分やエンジン周囲の外板は、オイル汚れの表現としてタミヤカラーエナメルを使用し筆塗り。

IMG_4378.jpg
IMG_4372.jpg
IMG_4376.jpg
ペガサス製のキットは各翼が薄く成形され、メタル鋳造部品も精度が高く組みやすかった。
説明書も必要十分な精度。実寸図に沿って支柱を自作すると、実機どおりに、上翼だけに上反角がつく。
ルネッサンスモデルズ製のパーツセットは、機体のカラー側面図が参考になる。塗色をイメージするのに役立った。

10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

09

11


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
flagcounter.com
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login