廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

Joystick Models 1/72 Vacform Kit - Lloyd C.II その12:製作完成・・・と、ブログタイトル変更のお知らせ


Category: Airplane 航空機 > Lloyd C.II   Tags: 複葉機  1/72  バキュームフォーム  JoyStickModels  
※ブログ題名変更のお知らせ
 「張り線分隊バQ班」というブログタイトルから、変更します。
静かなエンジン音が聞こえてくるような看板を考えて、「廻るプロペラ」と改題しました。




第一次大戦初期に使用されたオーストリア・ハンガリー製の機体。
形態は2張間、主翼は帆布張り、胴体は合板製。エンジンは水冷6気筒「ヒエロ」という発動機。
IMG_2459.jpg
操縦系統は1つだけど座席は、設置の仕方によって縦列二人乗りにもできる、細長い操縦席を備えている。
フランスのモラーヌ・ソルニエ単葉機の初期型などにも、この形態のコクピットがあった。

IMG_2409.jpg
ジョイスティック・モデルズ製、真空成形キットより製作。縮尺72分の1、全長130mm、翼幅200mm。
2015年5月15日、製作完成。

IMG_2426.jpg
※組み立てについて
・スポーク車輪(ポーランドPart社製エッチングパーツ)を組み込み。
・エンジン、排気集合管、放熱器は、キット付属の真空成形パーツを削りだして使用。
張り線は製作その9参照のこと。
・翼の裏面は、伸ばしランナーを貼り付けて骨組みの浮き出し表現。
・プロペラを留めている頭の部分は事務用虫ピン。放熱器とエンジンを繋ぐ配管と、尾部のソリは真鍮針金から自作。
・上翼は組立図面どおり、中央に1.5mm隙間をあけて設置。

IMG_2411.jpg
※塗装について
・エンジン周りの金属外板は、Mr.メタルカラー・クロームシルバーを筆塗りして凸凹をつけ、
タミヤカラー・ブラックグリーンを薄く溶いてウォッシングして、使い込んだ機械の質感を出しました。
・翼は、色の調子を少しづつ変えて重ね塗りし、帆布にニス塗りの質感で塗装。
木目塗装は製作その7で解説写真を撮影。

IMG_2433.jpg
IMG_2422.jpg

塗装の手直しが長く掛かりました。
英語圏の航空機図鑑に出てくる、鮮やかな塗り分けの機体という印象でした。
印刷物で機体塗色を目にしてから時を経て、バキュームキットとして入手して作り遂げました。

Lloyd C.II : その11 最終仕上げに向けて


Category: Airplane 航空機 > Lloyd C.II   Tags: ---
実機は、操作索が木製胴体の中を通り、エルロンの操作腕も上翼に埋め込まれた近代機。
もうすぐ完成です。細部なども含めて次回お披露目します。現在進捗95%。

デカールで仕上げる部分(42.17の数字部分)を貼り終え、細部塗装の手直し、見直し作業を続けています。
IMG_2351-1.jpg
木目塗装はあともう一段階、色の味付けをします。エナメル塗料で細部に墨入れ予定。

IMG_2356-1.jpg
翼端の塗り分けで上翼白帯が外に寄りすぎなのに気づき、筆塗りで赤いラインの位置をずらしました。

IMG_2358-1.jpg
残るパーツ2点。
・ホワイトメタル製のプロペラ。プロペラボスを銀色で塗り終えて、取り付け直前段階。
・PET樹脂で自作した風防は、窓枠を塗り分けた。最後の仕上げに取り付ける予定。

Lloyd C.II : その10 細部塗装と、デカール準備


Category: Airplane 航空機 > Lloyd C.II   Tags: ---
現在進捗90%。
作業中、照明器具に機体をうっかりぶつけて壊れたりしましたが部分的に手直ししつつ、じりじり進みました。

IMG_2345-1.jpg
支柱は、キット付属のプラ材とタミヤの1ミリプラ丸棒を併用して組んでいます。
ピンバイスの先に縫い針を装着した、1/72ターンバックル製造器(と勝手に命名)でエポキシ接着剤を各所に盛りつけています。その後、つや消し黒で張り線を着色して、機体の工作はひと通り完了。

塗色覚書(GSIクレオス製Mr.カラー使用)
・エンジン周りの金属外板:クロームシルバー
・熱交換器と燃料槽:ルマングリーン50%+明灰白色50%
・エンジン:焼鉄色
・排気管:カッパー(銅色)
・支柱:ウッドブラウン80%+サファリオレンジ20%
IMG_2346-1.jpg
デカールは、機体側面の小さい4桁番号のマーキングだけ使用します。
国籍マークの鉄十字は塗装で仕上げました。英国機などでもそうですが国籍マークが翼の前後いっぱいまで掛かる機体は、完成後に手で持つとデカールが端の方からめくれてきたりします。という事で出来るだけ塗装で仕上げるのが無難に思っています。

骨董的なキットなもので、前作モ式4型のデカール貼付作業のときと同じく、デカールの製造時期が古いです。
前回製作時と同じく、使用するデカール部分に、水溶性のリキッドデカールフィルムを塗って乾燥待ち。

毎度製作ごとに余りパーツが出るのをとっておきます。
今回の大きい余剰パーツはメタル製車輪。1/72クラスの機体に使い道があります。

Lloyd C.II : その9 張り線作業完了


Category: Airplane 航空機 > Lloyd C.II   Tags: 張り線  
現在進捗85%。
IMG_2329-1.jpg

上翼の固定は、洋白線の梁に載せて接着する形にしました。
上翼に埋め込んだ張り線を、下翼に貫通させていきます。まだ翼組は不安定。
IMG_2310-1.jpg

貫通させた張り線に、木製ピンチをぶら下げて瞬間接着剤で固着。
張り線の根本の接着が固まると翼組も固定されてくる。
IMG_2315.jpg

機首から主翼にかかる補助張り線を渡して結んで、張り線完了。
すべての張り線を終えて、翼組がしっかり固定されました。ここまで、床に取り落とす事故もなく順調に進みました。
IMG_2326-1.jpg
今作は0.5号ハリス(釣り糸の種類)を使用。
このあと、翼の上下の銅線(支柱の芯に使用)と、張り線のはみ出しを切り落として冒頭の写真となりました。
次回、細部塗装、塗装の手直しに入ります。

Lloyd C.II : その8 翼の取り付け作業中


Category: Airplane 航空機 > Lloyd C.II   Tags: ---
胴体からの支柱の接着面に、上翼を載せた所。慎重に作業を進めています。
IMG_2313.jpg
なかなか進まないけど進捗80%という所。上翼に張り線を埋め込んだ所まで来ました。

IMG_2307-1.jpg
主翼側の支柱の長さを調整中。手作りなもので、微妙に長かったので縮めて、銅線も埋め込み直し。
支柱の背丈が揃わないまま張り線まで進むと、翼組が壊れる事故に繋がります。長さを調整して着実に進みます。

以前にLloydC.5を作ったときにも、このあたりの作業ではだいぶ時間を掛けました。
IMG_2312-1.jpg
左写真:隙間を開けて上翼を組む作業中。洋白線で接着ガイドを製作。
右写真:上翼に張り線を埋め込み(0.5号ハリス)。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
flagcounter.com
 
Over To You
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login