廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

Joystick Models 1/72 Vacform Kit - Ansaldo Baby : その7 完成


Category: Airplane 航空機 > Ansaldo   Tags: 1/72  複葉機  バキュームフォーム  水上機  イタリア機  JoyStickModels  
IMG_3608.jpg
実機は、1917年のイタリア機。英国の機体ソッピース・ベイビーを原型機としてアンサルド社で生産された。
エンジンはル・ローヌの回転式空冷9気筒。尾部に小フロートがつくのが古典機らしい形態。

IMG_3612.jpg
ジョイスティックモデルズ製バキュームフォームキットより制作。縮尺1/72スケール、全長9.7cm、翼幅11cm。
2017年2月10日、制作完成。

IMG_3623.jpg
※工作について
・主要な部品はキットパーツを使用。支柱はキット付属のプラ材を切り出して作ったもの。
・ホワイトメタル製エンジンパーツの軸に真鍮パイプを通し、エンジンごとプロペラが自由回転するようにした。
・張り線はハリス0.4号。風防はPET樹脂を切り出して自作したもの。

IMG_3601.jpg
※塗装について
・主な塗装はMrカラーから調色して塗装。エンジン周りなど細部塗装はタミヤカラーエナメルを使用。
・国籍マークはデカールを基にマスクパターンを作り、吹付け塗装。
・機番(尾部フロート付近の書き文字)はキット付属デカールを使用。

IMG_3591.jpg
IMG_3583.jpg
シリモチ防止のため主フロートに板オモリを入れて釣り合いをとってあります。今回も無事、完成となりました。

Ansaldo Baby : その6 張り線作業の完了


Category: Airplane 航空機 > Ansaldo   Tags: ---
IMG_3580.jpg
作業の進み具合は全体の90%という所。細部の塗装と工作などの調整をしている。
エポキシ接着剤を張り線基部に乗せ、ターンバックルの表現を済ませた。 側面後部の機番はキットデカールを使用。

IMG_3575.jpg
前回の続きから。
主翼の翼組が固定されてから操作索を張る。動翼の操作腕はプラ板を細切りしたもの。
機体を前後左右から見て、張り線のたるみ、ねじれのある部分を修正していく。

IMG_3578.jpg
尾翼張り線は巻きつけるようにして張り終えた。
キット付属のプロペラに、プロペラボスに模して事務用虫ピンの頭を使用する。風防はPET樹脂を切り出して自作。
完成まであと少し。

Ansaldo Baby : その5 張り線作業開始


Category: Airplane 航空機 > Ansaldo   Tags: 張り線  
IMG_3565.jpg
作業の進み具合は全体の75%という所。
エンジン覆い部分の銀塗装を済ませた。上翼に0.4号ハリスを埋め込む。

IMG_3572.jpg
張り線が少し変則的な部分がある。主翼から胴体前方に渡る線が、フロート支柱ではなく翼基部に通る。
図面を見ながら下翼に貫通させて、木製ピンチをぶらさげて接着作業中。

IMG_3574.jpg
瞬間接着剤で張り線を固定し、はみ出した線を裁ち落とした。
次回、エルロンの操作腕(動翼につく)から主翼に周り込む操作索と、尾翼周囲の索を張る予定。

Ansaldo Baby : その4 木目塗装


Category: Airplane 航空機 > Ansaldo   Tags: ---
IMG_3564.jpg
作業の進み具合は全体の70%という所。胴体色を塗り終えた。色味は塗り重ねて調整していく。
カウルの銀塗装の下地として、つやありの黒でエンジン周囲を塗った段階。

IMG_3558.jpg
前回の続きから。キット付属のデカールと三面図を基にしてマスクパターンを作り、国籍マークを塗り分け。
マーク外縁の緑、白地、中心の赤の順に塗り、クリアードープを模した機体色を塗装。

IMG_3560.jpg
木骨のフロートは肌色で下地を筆塗りし、エナメルの茶を塗って、デザインナイフでひっかいて木目風にしている。
淡いクリアーオレンジ+クリアーイエローでニスを模した色を調色し、エアブラシで吹き付けて仕上げとした。

Ansaldo Baby : その3 フロートの取り付け作業


Category: Airplane 航空機 > Ansaldo   Tags: ---
IMG_3557.jpg
作業の進み具合は全体の60%という所。フロートの取り付け完了後、機体表面の下地塗装を進めている。

IMG_3547.jpg
前回の続きから。
エンジンの軸には真鍮製のパイプを嵌めている。エンジンが回転するのを確認して、カウリングを接着。
尾部のフロートと支柱はキットのパーツを使用し、舵の部分はプラ板を切り出して自作したもので代用。

IMG_3552.jpg
テールヘビーを見越して、主フロート内に板オモリを詰め、尾部は持ち上がった状態で釣り合うようにした。
前後のフロートを設置して冒頭写真の状態。

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
 
flagcounter.com
 
Over To You
 
 
ブログモデラーズ
Blog Modelers
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login