廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

Sram 1/144 Resin Kit:Caproni Ca.3 その1


Category: Airplane 航空機 > Caproni   Tags: ---
IMG_1909_20130524020504.jpg
むかしむかし「どこともつかない異国の模型店で、複葉機のプラモデルに巡りあう」てな夢を頻繁に観ました。
"薄暗い店に入ると、小さな複葉機キットが商品棚で自分を出迎えている。
パーツが箱のなかにビッシリ入っていて、成形状態も今一つ、だからこそ自分が作るべきキットだ、と直感する。"
・・・なんて夢。現実に立ち返れば、どこにも複葉機のプラモデルなんて売ってなかった時代が長く続きました。

さて、このSramのキットは何か非現実感がある。夢のなかに出てくる、運命的なキットによく似ている。
完成しなけりゃ悪夢に終わるが、完成すれば実のある夢となる。
気持ちのエンジンが掛かりましたんで制作スタート!

IMG_1915.jpg

このブログでも以前に2つばかり完成させている1/144のSramの第一次大戦機シリーズ。
これは完成まで持っていけるかどうか。

三面図を見て、操縦索はある程度省略せざるを得ないのは覚悟しました。
エルロンと直結する索が主翼の前面に飛び出してるし、この大きさではリング方式で張ることも難しい。

IMG_1911.jpg
主翼の下ごしらえから。
サーフェイサーを吹き、伸ばしランナーを凹モールドの上に載せて、無樹脂系の接着剤を流して貼り付けました。

IMG_1912.jpg

古典機キットは、骨組みに帆布を張った感じを出すために、リブが浮き出させてあるものが多いです。
昔からおなじみの、帆布張りのリブ表現です。

が、このキットのようにリブが凹モールドだったり、浮き出し加減が今一つだったりするときは・・・
ライターであぶって細く伸ばしたプラ材を貼り付けて、リブを凸に置き換えるわけです。
一晩おいて乾かしてから、軽く紙ヤスリで水研ぎして、再びサーフェイサーを吹いて下地仕上げ完了。
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル : 趣味・実用


Comments

ユメに出てくる模型店。 あるねぇー。
ヒトそれぞれ、求めるモノが異なるだろうケド、私はやっぱりAPOLLOだナ。
過去、実際にタカラレベル等の絶版品をゲトした経験もあってか、リアルぞなもしw。
しかし、最近はドラゴン等のノイズにがっかりしたりする。
つくづくヒトは夢見るイキモノなんだよねw。
 
apuroさん>
チープキットを売る駄玩具店なんかが日本に生き残ってたのをギリギリ知ってる世代でして、子供の頃冷やかして歩いた薄暗い軒先の景色なんかが夢に時々出てくるのかもしれません。
このキットは夢見る変わり者が作るにふさわしい気がします。かすれた三面図、努力すると組み上がりそうなパーツ・・・夢か現か幻か、そんなキットとの出会いな模様です。
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
 
flagcounter.com
 
Over To You
 
 
ブログモデラーズ
Blog Modelers
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login