廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

Sram 1/144 Resin Kit Caproni Ca.3 : その7 制作完成


Category: Airplane 航空機 > Caproni   Tags: 複葉機  1/144  Sram  イタリア機  
カプロニCa.3は、第一次大戦初頭のイタリアの爆撃機です。
チェコ共和国のSram製レジンキット、縮尺は1/144で、全長8.5センチ、翼幅15センチぐらい。
キット入手から2年近くを経て、気持ちのエンジンが掛かり制作が進みました。

IMG_1963-1.jpg
変則的な三発形式。細身のナセルに牽引プロペラが左右1つづつ、中央胴体後方にエンジンをまたぐような形で後部銃座が載っていて、直後に推進プロペラが1つ。重量が機体中央に集まって、よく飛びそうな外観です。

IMG_1991.jpg
機体色は、赤みの強い帆布色のイメージ。キット箱の機体側面図の印象で塗りました。
シャドウ吹きは大袈裟にやりました。使い込んだ機械の質感が出したいのです。

IMG_2005.jpg
張り線は風圧で振動するはず、支柱の根本に汚れがつきやすいはず、等々空想しながら塗り進めました。
ターンバックル(弛めたり締めたりして張り線の張力を調整する金具)付近の煤けた質感はまずまず再現できた。

IMG_2011.jpg
謎めいたパーツ状態のキットから、形になりました。
タミヤカラーの瓶に載せた写真にて今回も無事完成。手のひらサイズのカプロニCa.3。
関連記事


Comments

完成おめでとうございます!
いつもながら1/144とは思えないディティールですね~。
短い線をぴんと張るのは難しいとおもいますが、どれもバッチリ決まってて凄いです。
自分もいつか1/72でこれを…作れるだろうか…;
ちょうど映画「風立ちぬ」にCa.3が出てくるので貴重な完成品になるかも?
次回作もどんなのか楽しみにしております。
 
すあまさん>
張間に互い違いに糸を渡すのがうまくいきまして、糸がねじれたりする失敗も少なく張り終える事ができた感じです。
端正な古典機の風格を持つ三張間の機体を、すあまさんの細密な持ち味で作って頂けると僕も励みになります。ずっと続けていきましょうよ張り線。
次に作る候補キットを眺めて一休みしています。久々にバキュームを作ろうか、それともまたレジンキットにしようかどうしようか。また何か変わり種機体を作る予定です。
 
昨日はお疲れさん!
テクは一日にして成らず☆
 
先日は僕のほうで至らない点が多く、色々反省しております。また後日、点検を含めてお店に申し開きにお伺いします。
 
画像検索で見つけました、fgのかもねぎです、覚えてますか??ナマエナガクナリマシタ
ちっちゃいのに翼が長くて複雑で、横面見とれました~・・・映画に出てくる飛行機みたい。。。
複葉機って、見た目からカッコよくて面白いですよね!
難しすぎるのが難点ですv-535
 
fgにも、体調が回復してから、このブログで制作した複葉機のキットをぼちぼち公開できればと思います。
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
flagcounter.com
 
Over To You
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login