廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

Choroszy 1/72 Army Henri Farman Type MO-4 II (Japanese Army Air Force) 陸軍モ式四号 第三つるぎ その9:完成


Category: Airplane 航空機 > Farman モ式四号 第三つるぎ   Tags: 複葉機  1/72  コロジーモデル  
航空古典機、主に複葉機の世界では、正面図で片翼支柱の間隙の数を”張間”で数えます。
「1張間の小型機」「4張間の巨人機」という具合に使い、機体規模の目安になる言葉です。この機は3張間半。

IMG_2236.jpg
コロジーモデル製レジンキットより制作。縮尺1:72、全長140mm、全幅225mm。
2015年2月27日、制作完成。

IMG_2202.jpg
※組み立てについて
・スポーク車輪(Part社製エッチングパーツ)を組み込みました。
・支柱はキットレジンパーツを使用。主脚先端から下翼に繋がる支柱のみ、タミヤ製のプラ丸棒直径1ミリから自作。
・支柱の軸打ち用途に銅線を使用。機体後方の梯子状の支柱は、強度保持のため板オモリ(薄い鉛板)で補強。
・張り線はナイロンテグス0.8号サイズ。

IMG_2209.jpg
※塗装について
・GSIクレオスのMr.レジンプライマーサーフェーサーを吹いて下地を作り、
機体色はMr.カラー(合成樹脂塗料)にて調色して塗装。支柱、エンジン架は組付け完了後に筆塗り塗装。
・張り線は設置完了後につや消し黒で着色。
・機体内部、動翼の繋ぎ目など、輪郭を強調したい部分はタミヤカラー(エナメル樹脂塗料)で墨入れを行いました。

IMG_2185-1.jpg
※参考文献
・製作時のイメージ資料としては、日本航空協会刊『男爵の愛した翼たち』に掲載された写真が参考になりました。
・製作完成後、荒山 彰久氏の著書『日本の空のパイオニアたち』を読んでいたら、この機体の記述を見つけました。"第三つるぎ"の名称で、モ式四号として陸軍に納入された機体との事です。

IMG_2198.jpg
IMG_2168.jpg
自分が作るべきキットに巡りあい、無事完成となりました。
関連記事


Comments

開いた瞬間、見た瞬間、驚愕しました。 (写真変えちゃったのね 前の方が良かった)
博物館等に佇む実機と見間違える存在感と緻密な表現。

それより
絶叫に近い「魂」の叫びと響きを感じ 胸が熱くなりました。
素晴らしいですよ。 おめでとう!
作ってナンボ、好きだから作るこの世界。
私は おめでとう という失礼な言葉、コメントは未だかつてしてないし しない所存。
しかし、これは言わずにいられない。
  おめでとう。 アンタ 最高だヨ!。
 
完成写真、折角ですので元の写真を含めて補充しました。
今作は、自分の至らなさによって自ら潰した世界を、仕切り直し組立て直す制作となりました。
ターンバックルの端々に、込めた気合を観て頂ければと思ってます。

制作にあたり古い航空資料を観ました。ファルマン機の変遷を系図にすると、始祖から2代目にブリストル・ボックスカイトがあります。憧れてやまない時代の機体です。このあたりの時代の機体、今後も作っていきますので、また完成したら観てやって下さい。
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
 
flagcounter.com
 
Over To You
 
 
ブログモデラーズ
Blog Modelers
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login