廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

そして、試験場へ。


Category: 模型製作以外の雑記 > バイク免許取得への道   Tags: 自分語り  
短い教習が終わってしまいました。

リヒトホーフェンが1917年に受けた擦過射創に自分の脚の怪我をなぞらえた卒研合格となりました。「なあに、撃墜王だって傷の痛みに耐えながら乗ったんだから」、ぐらいな無邪気な勢いで、苦痛に酔いしれました。うまくいくかどうか微妙だった一本橋(最初は落ちてばっかりだった)、急制動(後輪ブレーキ強すぎて滑走したり)、坂道発進(うっかりセカンド発進で登りきっちゃって注意されたりとか)も本番では突っ切りました。脚の傷はカサブタ張って完治してます。重量の大きい物を自力で起こすのを習得できて、心に得たものも大きかった気がします。

二輪車に乗ってみて、形状が機能に直結してるのが面白く感じました。膝で挟むために燃料タンクに凹みが作ってあったりとか。チェンジ操作は爪先で上げ下げする方式でしたが、ロータリー式(最上段からさらに上げると最下段に入る)というのもあるようで様々。統一されてるクルマMTに比べると二輪MTのギア操作の標準は確立してないのかな、と思う部分。
操作に最後まで違和感があったのは指示器。親指を無理に伸ばさないとウインカが出せない感じでした。もう少し指が届きやすい位置に設置してもよさそうに思いました。

書類を手に、また試験場に出かけました。クルマのときに続いて二度目、今回は単に手続きだけ。書類が通るまでの待ち時間は二種免用の検定車両が直線コースを走っていくのをボンヤリ観ていました。そして免許の書き換えが完了しました。
111009.jpg
「バイク免許取得への道」カテゴリ無事終了です。
関連記事


Comments

免許合格 おめでとうございます!
やりましたね。
自分も今は乗ってませんが以前は乗ってました。
峠とかも走りましたが 「ツーリング」とかも
いい思い出として残ってます。
ぜひいい思い出も作ってください。

でも気をつけてもほしいです。
自分も一歩間違えてたら・・・・って事故に合ってますし・・・。
 
JWさん>受からなかったらあきらめるつもりでした。が、とりあえず免許としては取れて、乗れる状態になりました。

おそるおそる、パーツショップに入ってみたりしてます。純正のチェンジペダルも売ってました。コケて曲げちゃったら交換したりとか・・・するのかな。
走るよりも転ぶ気持ちが先に出ていて危なくていけません。これでは「乗れる」ことにならない気がしていまして、まだ土台として固める部分が自分には色々残っています。
 
次はフォークリフト等乗ってみますか。A級ライセンスもいいかも。
恐る恐る乗る、最初はこれくらい怖いほうがいいでしょ。今のバイクは性能が人間に勝ってしまっていますから。
 
マルボロマンさん>
フォークリフトって大型特殊でしょうか。無茶いわないで。
でも、自分語りをやってる限り、なんか風変わりな所業を続けるのは間違いない所。
恐る恐ると無鉄砲が混在したまま、ここまで続けてきてしまいました。
ところでマルボロマンさんのコメ欄リンクにjp/が抜けてるようです。まあ「模型製作つながり」てんで自分からリンク張らせて頂いてますんでそこから飛べばすむ話なんですが。
 
お疲れさまー。
バイクのチェンジ操作は所謂普通のリターン式(下から1-N-2-3-4…)とロータリーの二種類が基本で、それ以外は普通乗る事ないですね。レース用だと逆チェンジというのがありますが(リターンの逆で踏むとシフトアップ)。自分は昔カブ(ロータリー式)と普通のを両方乗ってたので、たまに迷う事ありました…カブは踏むとシフトアップなので、つい普通のバイクで加速中に踏んでシフトダウンして大変な事に…ww
まあ人間なんにでもすぐ慣れちゃうもんで、すぐに問題なく乗り分けられるようになりましたけどね。

ウインカーは消し忘れにご注意! 付けっぱなしで気づかず直進して対抗右折車にぶっ飛ばされる事がありますから!!
 
品場さん>ありがとうございます!おかげ様で、やってみるだけやってみて結果が出せました。
迷いそうなチェンジ操作、教本でも、ロータリーとリターンで分けて解説してありました。
変速の方法として他に自分が想像したのは「リンケージで繋いで手元までレバーを持ってきて、指操作でチェンジ」ってのもあったんですが、両手がクラッチとアクセルでふさがっちゃってる現実のバイクでは無理みたいですね。
教習の実車はリターン式でした。ローからセカンドにいれたつもりがニュートラルに入って慌てた場面が結構ありました。
ウインカーは操作もタイミングも、最後まで難しかったです。どっち合図にするかマゴつくのが苦手として残りました。
 
バイクの変速も色々変遷がありまして、タミヤMMシリーズでおなじみのBMW・R75なんかは、チェンジレバーがタンクの横に突っ立っていて、手で変速してました(モールドあるっしょ?) 今ホンダから出てる超高級バイクは自動変速(スクーターのVマチックでは無い機械変速)で、マニュアルモードとして指での変速ボタンが付いてた…ような。セカンドに上げる時やローに落とす時にニュートラル出しちゃうのはベテランでも時折やっちゃうのでw まあ、ホントにすぐ慣れます。人間って高性能ですよ。何だって慣れちゃうもんだw

ハーレーやらBMWには、センサーでバンクを感知してウィンカーを自動で止める機能が有ったような気がしますが、日本じゃ使いにくい&誤作動多いって事で結構嫌われてるって話も。コレも慣れるしかないなー。

ちなみに何でレーサーのチェンジが逆になってるかと言いますと、左コーナー思いっきり寝かせてる状態でシフトアップする時、地面とチェンジレバーの間につま先が入る隙間が無くなっちゃうんですよね。 だから上から踏む逆チェンジなのです。(とりあえず普通に走ってる分には何も関係ないなw)
 
品場さん>1920年代ぐらいまでに製造されたバイクをGoogleで探して観てみました。足踏みでなく手動で変速する車種いくつか発見できました。AceとかIndianとか。
R75(キット持ってないですスミマセン)は側車だから手動なのかな、と思ったら単車版もタンク側面に棒が出ている手動式でした・・・変速するときは片手ハンドルで?と思ったら、どうやら足でのチェンジ操作もできる模様。機構を色々想像しています。
変速や指示器を扱いやすくしたのがAT二輪(教習で1コマ乗りました)なんでしょうけど、足はステップに載せてるだけ、変速は自動ってのもこれまた変な感じでした。
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
flagcounter.com
 
Over To You
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login