廻るプロペラ

複葉機模型製作ブログ。バキュームフォーム(真空成形)キット中心。 

 

1/72 ロ号甲型水上偵察機 その4:尾翼操作腕と後部フロート取付、国籍マークの塗装完了


Category: Airplane 航空機 > Yokosho Ro-Go 横廠式ロ号   Tags: ---
現在進捗35%という所。主翼と胴体側面に国籍マークがつく。
Mr.カラー使用でレッド90%+ホワイト10%で調色。
IMG_2500.jpg
マスクパターンで覆って塗装完了。

IMG_2499.jpg
マーキングをデカールから塗装に切り替えた事で、塗装の手直しなどはしやすくなっている。
下翼の国籍マークにかかる形で翼端フロートがあり、胴体に近い側に主フロートが付く構造。

IMG_2502.jpg
マスキングテープを剥がした所。下翼の機体記号は国籍マークとの間隔がギリギリになったが塗装し終えた。
尾部フロート、下翼を胴体に接着。フロート支柱は真鍮線で、尾翼下面の支柱はタミヤ製1ミリ丸棒で自作した。

後ろに写っている小さいひきだしは市販品で、、部品保管に便利に利用している。
軸を入れ終わった翼支柱が16本と、その他コマゴマしたパーツが入れてある。

IMG_2501.jpg
重心は主翼前縁ぐらいの位置にある。機首に板オモリを積んだことでシリモチは防止できた。

ロ号甲型水上偵察機 その3:胴体色塗装完了


Category: Airplane 航空機 > Yokosho Ro-Go 横廠式ロ号   Tags: ---
現在進捗30%。
胴体塗色:Mrカラーにて調色 サファリオレンジ5%+タン10%+ホワイト85% で調色完了して塗装開始。

IMG_2496.jpg
キットの組立説明書には塗装指示は無いが、帆布にニス塗りの塗色として塗り終えた。
各翼の操作腕も、パーツとして付属している。国籍マークを塗ったあとに取り付け予定。

IMG_2497.jpg
塗装途中の下翼下面。完成後は、下翼に浮舟が大小ついて賑やかになる。

IMG_2495.jpg
翼パーツは硬いレジンの材質。前後方向に手で持って塗装していたら補助翼が応力で折れた。
接着しなおして塗装を続行。
この撮影の後、マスキングテープを剥がした。部分的に色が吹き込んで曇った部分は筆でレタッチする。

IMG_2498.jpg
下面機体記号は、中央のフロートをよけて、やや翼端に寄せた。実機でもたぶんこの位置だったはず。
エンジン周りの塗色は調色途中。箱絵のイメージを参考に色を決めていく予定。
次回国籍マークを塗って、操作腕の設置に入る。

横廠式ロ号甲型水偵 その2:機体記号のマスク塗装開始


Category: Airplane 航空機 > Yokosho Ro-Go 横廠式ロ号   Tags: ---
サーフェーサーを吹いた胴体と主翼は紙やすりで研いで、表面の下地が仕上がった状態。現在進捗20%。
前部に板オモリ(薄い鉛板)を入れた胴体、重心は操縦席の中間あたりにきているのでシリモチは防げる。
IMG_2488.jpg
補助翼の蝶番の彫刻が左右で高さが違う。右が少し低いようだ。
右エルロン蝶番を、プラ板を削りだして左蝶番に高さと大きさを合わせて自作し、瞬間接着剤で貼り付けた。

平たい紡錘形のものは尾部フロート。後端は、最初バリ(成形時のはみ出し)と思って切り取ってしまったが、舵だった。改めて接着しなおした。

IMG_2490.jpg
塗装開始。
手順としては機体記号の黒、胴体色(クリアードープ)、国籍マークの順に塗る予定。
機体記号の部分を、つやありの黒色で塗った。
機体記号をマスク塗装で仕上げるときは、つや有り塗料で塗ると後でマスキングテープをはがしやすい。

IMG_2491.jpg
デカールの写しを印刷した物を下絵にして、マスキングテープを切り出して、マスクパターンを作る。
説明書の三面図には、機体記号の位置が描かれていない。
小さい機体記号は尾翼にあり、大きい記号3箇所は主翼につく。
1つは上翼上面中央、2つは下翼下面の左右に割り振った。

コロジーモデル 横廠式ロ号甲型水上偵察機 その1:制作開始


Category: Airplane 航空機 > Yokosho Ro-Go 横廠式ロ号   Tags: ---
画数が多めな機名の、和風な水上機に着手。制作開始日:2015年5月27日
IMG_2473.jpg
前々回の、推進式モ式時代に比べると近代設計の、牽引式複座水上機。
パーツ状態の写真。全パーツがレジン製。デカールと、風防用の透明プラ板が付属。
尾翼と尾部フロートがかなり後ろについている・・・ので工作の予定としては
・完成後にシリモチをつきそうなので、機首に重りを入れて重心を前にずらす予定。

IMG_2479.jpg
細かいパーツが入ってる小袋から支柱を集めて、張り線作業のために下準備。一本づつ銅線で軸を入れました。
外側から二番目の位置に、H型にまとまる部分が左右一対。フランス機のスパッドの形式に似た支柱。

IMG_2483.jpg
操縦席周りのパーツを接着して塗装に入った。
木製骨組みの枠の色+帆布張りの色で胴体内を塗り、エナメル塗料のブラックグリーンを載せて色味を整えた。

IMG_2484.jpg
主翼は薄く出来ていて、支柱位置のダボ穴も正確。
じっくり下準備。フロートは中央に少し段差があり。タミヤプラパテを盛りつけてならして、成形開始。
工作予定の最初の項目:「完成後の尻もち防止」の工作がまず完了。機首にいっぱいまで板オモリを積めてラジエター部品で蓋をした。

IMG_2485.jpg
尾翼は設置完了。フロートを載せる台車のパーツの組立開始。台車の車輪に真鍮線で軸打ちして接着。

※工作の予定
・浮舟の台車は木目塗装にする
・プロペラボスは事務用虫ピンで自作し、あとから差し込めるようにする
・デカールは使用せず、機体記号、国籍マーク共、マスク塗装で仕上げる

09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08

10


 
プロフィール

時間飛行士

Author:時間飛行士
模型製作についてとか、それ以外のこととか、少しづつ自分語りしていく場所。

SNSで模型製作を公開←2009/07達成
ブログを始める←2011/02達成
普通免許(MT)取得←2011/06達成
英語検定準2級取得←2011/08達成
中型二輪免許(MT)取得←2011/10達成

↓メールアドレス
tempunauts053@yahoo.co.jp

リンクはご自由にどうぞ。
お気軽にコメント下さいませ。

 
 
 
flagcounter.com
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

Archive   RSS   Login